美容学校の授業内容|メイクを資格を取り美容の仕事に就く!美容学校に通うメリット

美容師を目指すために美容学校を良く知ろう

美容学校の授業内容

女性

卒業までの流れ

美容学校は昼間制と夜間制の二種類に分かれています。授業内容はほとんど変わりなく、大きな違いと言えば、時間の違いと、学費の違いです。卒業の流れとしては、一年目で、美容師の基礎の部分を学びます。メイクや着付け、経営倫理などを一学年全員でクラス分けして学びます。そして一年の授業を通して、二年生で分野に分かれて学んでいきます。卒業の流れとしては、一年目で、美容師の基礎の部分を学びます。メイクや着付け、経営倫理などを一学年全員でクラス分けして学びます。

必要な資格

最近は大阪などにも美容室が増え、美容学校も多くなりました。美容師になるためには、国家資格の免許が必要となります。一番の近道は美容学校に通うことです。最近の美容室は、カットやカラーだけでなく、メイクやエステ、着付けなどを行うことが多いため、美容師免許以外にも資格を多く持っていた方が就職に有利になります。美容師免許はもちろん、メイクアップの検定や着付け検定などを持っておくとよいでしょう。

昼間制と通信制の違い

昼間制の場合

多くの人が昼間制で美容学校に通っています。昼間制は学科と実習を合わせて1400時間以上の授業を受ける必要があります。二年間学校に通い学校の基準を満たすことができると、美容師の国家試験を受ける権利を貰うことができます。週5でプロの講師から授業の受けることができるので、学業に専念したい方にオススメです。

通信制の場合

通信制の場合、昼間制に比べて学費が三分の一程度に抑えることができます。また、授業時間も約300時間で卒業資格を得ることができます。通信制の生徒の多くは、昼間に美容室で働き空いた時間を利用し、300時間の授業と国家試験の対策を行っています。現場で技術を学ぶことができるので、国家試験対策がしやすく美容師として活躍できるのが早いようです。

美容学校の選び方ランキング

no.1

学校法人の専門学校か

美容学校を選ぶポイントとしては一番重要なのは、文部科学省認定の学校法人の美容学校であるかどうかです。学校法人の美容学校の場合経済面がとても安定しています。経済面で安定していることによって、継続してしっかりとした教育を受けることができます。また、就職サポートもしっかりしているので安心です。

no.2

二年間の学費

学費については学科などによって変わってきますが、美容学校は実習が多いので他の分野に比べ高いです。また、コンテストなども多く参加するため交通費などもかかります。平均で言うと二年間で約250万円です。しかし、プロの講師から技術を学べ就職も安定していると考えたら安いと言えるでしょう。費用を考えて学校を選ぶことはどの分野でも共通して大切なので、一位に続いて大切です。

no.3

課外授業の内容

美容学校では、課外授業が多くあります。学校によって違いはありますが、遠足やヘアショーなどのイベントが行われています。イベントは自由参加の場合が、多いのですが、参加することによって、学生同士で競うため、勉強になり、いい刺激を受けることができます。大きい大会などで賞を取ると、就職にも有利になるので、学校を選ぶ際には、課外授業の内容も大切になってきます。

no.4

学校制度

専門学校には、奨学金や教育ローンなどの制度があります。奨学金制度は、需給条件が揃っていれば誰でも給付を受けることが可能です。奨学金の他にも、学校側が優秀な生徒を受け入れる特待生制度なども設けられています。特待生のハードルは高いのですが、美容師になるという熱意がある方は、制度が整っている学校を選びましょう。

no.5

学校の雰囲気

美容学校によって雰囲気が異なってきます。設備などに関しては、厚生労働省の規定で決められているので、器具の数や教室の大きさなどは同じです。なので、学校選びで大切なのは、学校の雰囲気です。学校の外見から、先生や在校生の対応などまで細かく確認すると、自分と相性の良い学校があるはずです。そのため、学校を見学することが大切になってきます。

広告募集中